サーフィン初めて3年目の32歳!part.3

サーフィンを体験してから早速、自分専用のボードで練習をするために7フィートのファンボードと周辺グッズを揃えていつでも行けるスタンバイはOKです!
ボードが届いた時は、嬉しくて布団でしばらく一緒になって寝ていました(笑)
とにかく初めて買ったボードはサーファーになる実感でモチベーションも上がりました。

はじめはまだまだ一人で行ける状況ではなかったので友人たちと一緒に行ってました。
How Toしてもらったり上手いところを見て刺激を受けたり、これまで海で体験してきた貴重な経験話や知恵を
教えてもらいました。今でもサーフィンでは大先輩と尊敬しています!皆で行く方が交通費など折半していけば安上がりになるので経済的にも優しく海に行ける頻度はアップです!

それから3ヶ月が経過した頃、ある程度一人でゲットアウトしてテイクオフの流れまではなんとか慣れてきたので、
ついに一人サーフィンを決行することにしました!

秋口の日本海、福井の難波江というポイントを目指し、車中はJack Jonsonガンガンでワクワクしながらハンドルを握り向かいました。

2時間の道のりを超えてたどり着いたその日の波は、モモくらいで私には優しいサイズ。
ボードにワックスをゴリゴリ塗り込んで、海へ小走りで入水した時、ウエットスーツに入ってくる水は少し冷たかったです。でもずっと一人でサーフィンということでワクワクしていました。
その後、不運にもそのワクワクは消沈します。
2時間くらい入ったところで、最後の一本を狙って粘り、やっと乗れたところでボードから水中に垂直に降りてしまいました。
すると不意にボードが波で自分のわき腹に突っ込んで肋骨直撃、激痛が走りました。
その後、座っているだけでも痛かったのでさすがにサーフィンなんか無理だったので急いで帰りました。
当時乗っていた車がよく揺れるJeepだったので、帰るのも一苦労で半泣きでした。
病院に行くとやはり肋骨にヒビが入っており、全治1ヶ月の診断結果。初めての一人立ちサーフィンは痛い思い出となりましたが、逆にそれだけで済んで良かったと海の怖さを肝に銘じています。

そんなこんなで幾多を乗り越えて今現在は、結婚して第一子も無事に生まれて、家庭に着々と染まりつつある中でも
しっかりとKeep Surfingができています。
こうして続けられるのは家族のおかげであり友人や周りの環境、もちろん海にも感謝しております。

サーフィン初めて3年目の32歳!part.2

サーフィンするにあたり、ボード以外のグッズは概ね揃えたところで、遂に海に出る日がきました!

行ったその日の波状況は、
オンショアのハラムネ、ダンパー気味。イマイチなコンディションでした。
3年経った今やからこそ入れるサイズですが、初めて波を見た時、海水浴とは全く景色の違う海!
しかも雨がまあまあ降る中、恐怖を抱きながらの初入水だったのを強烈に覚えています。

友人が一緒に入ってくれるとは言うものの、友達は10年選手です!
私なんか放って、気がつけば遥か沖のアウトエリアに見えていました。

アウトまで出るまでには、何個かの波を越えていかなければなりません。
もちろん初心者の私に波を超える技術もなく、ただでさえ腹這いになってボードにしがみつくだけでも必死なの出れるわけがなかったです。

それだけでもう体力は奪われ、とにかく海でもがきに来ただけの状態。

そんな私を見て友人が駆けつけて、
これではダメだと海から一旦上がり、もう少し波のサイズが小さなところを探してスープ(ホワイトウォーター)で練習することにしました。
(初めからそうさせてくれればよかったのに泣)

サイズを落としたエリアでリスタートしてからは、なんとか耐えれて辛い思いをせずにパドリングをしてみたり(全然進んでませんでしたが)、
テイクオフをしようとしてみたりと、力んで無駄な筋肉を使い散らしたお陰で既に腕や肩、背筋はガチガチ。

全く自力では波に押されて進むこともできなかったので、友人が付いてくれて押してくれました。

友人は軽く押したくらいだったのに、波が来て押された瞬間、すごいスピードでボードが走り出しました!
こんなにも波のスピードって速いのか!っと、味わったこともない感覚に感動しっぱなしでした。

もう顔はニヤニヤしまくりだったようです。

そして、何度か小慣れていく内に友人が立つタイミングを合図してくれ、いざ立ってみたら、それがなんと一発で立てました!

スケートボードをやっていたので自信はありましたが、まさか立てるとは思ってなかったので、更に顔はニヤニヤにとろけましたね。

サーファーはテイクオフして乗っている時の顔見ると、結構楽しさ溢れてニヤついてる人は多い気がします。
それくらい本気で楽しいんだと感じました!
例え5秒のライドだったとしても、乗ってる感覚は長く感じます。
もっともっと乗っていたい!そんな思いがハマった一つの要素でもあります!

サーフィン初めて3年目の32歳!part1

はじめまして!

私は30歳を迎えた節目を機に、10代20代の頃からいつかはしたい!やりたい!やってみたい!と、憧れていたサーフィンにトライし始めました!

元々私は、13歳で中学生の時に学校の先輩がやっていたスケートボードにハマり、
20歳半ばそこそこまでは割と本気で打ち込んでいました。

同じ横ノリスポーツということで、冬はたまにスノーボードに行くこともありました。
しかし、海で波に乗るというサーフィンにはなかなかきっかけがつかめずにいました。

そしてそしてそれから時が過ぎ、10年近くを経て、
昔からの友人数名が、20代から既にサーフィンを始めていたことがチャンスとなり、
色々な影響を受けながら、縁あって色々なタイミングが合い、一緒に連れて行ってもらうことになりました。

やっと横ノリ全制覇!(カタチだけ笑)
これから俺はサーファーになるぞ!!と、熱い思いを胸に、海に出る決意を固めました!

さぁ、海に行くぞと勢いは良かったのですが、サーフィングッズは何一つ持っていません。。

と言うわけで、はじめてのサーフィン体験なので、優しい友人が、先ずは入門用のボードをと、7フィートのファンボードというものを貸してくれることになりました。
このファンボードというものは比較的安定して乗りやすい、浮力のあるボードなので、初心者にはよくオススメされるものです。

私は、これで波の上に立てる!と、さらに勢いは増し増しになりましたが。。

初めて行った時の季節は6月後半の三重のポイント。
水着でいけるもんだと思っていたのは大間違い。。
海水はまだまだ18度と冷たく感じる季節だったのです。(銭湯の水風呂が大体16?20度くらいですよね)
ということで、サーフィンには絶対必需品のウェットスーツを手に入れることにしました!

とりあえずということで友達に言われるがまま、楽天市場である程度有名なブランドの既成サイズのウェットスーツをネットで買いました。自分の体型には一応自信アリだったので、既成サイズで大丈夫でした!

出来るならばちゃんとサーフショップに行って、採寸してオーダーするか、店の在庫を試着して買えよって話ですが。。

私が購入したのは有名ブランドのBILLABONGのウェットスーツで、価格は17,000円前後でした。
3mmのジャージ素材のフルスーツを買いましたが、今でも変わりなく使えてます。